orange-オレンジ-

orange

今2015年の12月末なのですが、絶賛映画公開中ですよね~。

orange-オレンジ- 映画公式サイト

映画館ですれ違った女性(私よりも若い)たちが、少し赤い目をして出てきたのでちょっと気になりw
いきなり映画館に入るのもためらわれる女子高生たちのラブ・ストーリー的な雰囲気に妙齢の私は付いてけないので、まずはリサーチがてら原作について少し調べてみました。

あらすじ(参照元:ウィキペディア
長野県松本市に住む女子高校生・高宮菜穂は2年生になった4月の始業式の日、差出人が自分の名前になっている手紙を受け取る。その手紙には、26歳になった10年後の自分が後悔をしていて、その後悔を16歳の自分には味わってほしくないこと、菜穂に今後起ること、それに対して菜穂にしてほしい行動が書かれていた。菜穂は、初めは誰かのいたずらと思っていたが、手紙に書かれていた通り、成瀬翔が東京から転校してくる。手紙には、5月に成瀬翔を好きになること、翔が17歳の冬に事故で亡くなること、その事故は防ぐことが出来たと書かれていた。10年後の菜穂が手紙を書いた目的が翔を事故から救うことと分かり、16歳の菜穂は「翔がいない未来」を変えるため手紙に書かれているように行動しようと努力する。手紙に書かれていた通り菜穂は翔を好きになるが、一方、手紙に書かれていた予言と実際に起きた出来事が微妙に食い違う場合もあることに気が付く。また、手紙を詳細に読むと、翔は事故死ではなく自殺の可能性があることを示唆していた。そんなある日、菜穂は須和弘人から「手紙、届いた?」と質問をされ、弘人に届いた10年後の26歳の弘人が書いた手紙を見せられる。さらに、 村坂あずさ・ 茅野貴子・ 萩田朔にも未来の自分自身から翔を救うための手紙が届いていることを知り、5人は協力して「翔がいない未来」を変えていく。そして手紙に「翔をリレーのメンバーから外してあげてほしい」と書かれていたとおりに行動するか思案する。

・・・へえぇ。
翔くんと主人公の菜穂ちゃんのファンタジー?+ほんのり青春ラブ・ストーリーってことですかね。
あらすじと人物をWikiで読んでて思ったのが、この二人は正直どうでもよくて(おっと)、菜穂ちゃんと将来結婚する須和くんがまじでヤバイです。不憫キャラすぎてオネエサンすごく悶える。。!大好物よこの不憫キャラ。まじ不憫、それが須和くんだ!!
高校時代から想いを寄せてた菜穂ちゃんと晴れて10年後結婚して子供も授かるのに、未来の自分からこれから起こる出来事を教えられて喜べないどころか、そこに至る過程を知ったばっかりに想い人の菜穂ちゃんと翔くんの仲を取り持とうとするとか、将来菜穂ちゃんとは結婚する未来はないとか、なにそれ良い人すぎて不憫・・・!
結婚する未来を諦めるって、すごい覚悟ですよねぇ。。。お子さんどうすんねん・・・ああ、甘じょっぱい。

公開期間もあと僅か?マイ・インターンのアン・ハサウェイでキュンキュンして、プラダを着た悪魔をみてまたキュンキュンするというアラサーあるあるを地で行っていたので、ちょっと若いエキスを吸いがてら須和くんにキュンキュンしに行くのも良いかもしれない!

というわけで、どういう結末かはなんとなく予測がついたところで映画を見るかどうかは、映画館の混雑状況みて考えますw

DFPアドタグ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする