下町ロケット

下町ロケット

今日は新しい試みをします。

知らない小説の記事を書いちゃいます・・・!

話題のドラマの原作です!!


下町ロケット
おすすめ度:

★★★★

—————————————————————-


■勝手な印象

タイトルから『下町ロケット』のあらすじを勝手に想像します。

どこかの中小企業がロケットの部品を作っている!

下町頑張れ!

みたいなストーリーか、

どこかの田舎の少年がロケットにあこがれをもって

がんばって勉強して設計士になる

みたいなストーリーでしょうか?

(想像力の乏しさ)

■本当のストーリー※ややネタバレ※

主人公の佃航平は宇宙科学開発機構の研究員。

画期的なエンジンロケットを開発したものの、そのエンジンを積んだ

ロケットは打ち上げに失敗してしまった。

打ち上げ失敗の要因を新エンジンのせいにされてしまい、

佃は研究員をやめて父親の営む「佃製作所」の後を継ぐことに。

佃製作所は小型エンジンの生産を中心に業績は右肩上がり。

数年経ったある日、突然主要取引先がなくなり、いきなり赤字に転落。

水素エンジン開発に関する社員のモチベーションの不一致や

特許侵害での起訴など次から次に事件が・・・

圧倒的な技術をもつ佃のエンジンが認められる日はくるのか・・・

■答え合わせ

ちょっとあってた!

2つのストーリーを足して、そこにサスペンス要素を付け加えた感じですね!!

■ドラマについて

主人公の佃を阿部寛が演じています。

私的、おじさま俳優部門堂々第一位のすてきな俳優さんです。

『下町ロケット』視聴率は前半の平均がなんと20.2%と、大当たりです。

回を追う毎に視聴率があがっているらしく、話題性ではなく

面白いドラマなんだということがうかがえますね。

—————————————————————-

うん、普通に読みたいな~

DFPアドタグ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする