エアマスター

エアマスター

あらすじ(参照元:ウィキペディア

「エアマスター」と呼ばれる連戦連勝、無敵のストリートファイター。その正体は、実は相川摩季という女子高校生だった。格闘家の父と体操選手の母から才能を引き継いだ彼女は、華麗な空中殺法の使い手へと成長し、ある種の伝説を作る存在にまでなっていた。
本作品では個性的な仲間たちとの友情、次々と現れる極めて個性的なライバルたちとの出会い・戦いの遍歴が描かれる。
ストーリーは導入となる「ストリートファイト四天王編」、北海道からやってきた不良集団とのバトルを描く「黒正義誠意連合編」、摩季がプロレスの舞台で戦う「女子プロレス編」、路上格闘家のランキングをめぐる「深道ランキング編」と展開し、最後にそれまでに登場した人物の多くが参加するバトルロイヤルが展開され、そこで終幕となった。

ジョンス・リーかっこよすぎます。大好きなので以下ジョンス・リーのセリフをコピペしていきます。

「・・・・・・コノ・・・「必死で行く!」と言いなおせよ!カッコつけるな 「今僕は必死です」って」

竜宮城までたのむ

言いたいことはいくつかあるんだよ。ま、一言で言うなら…、ホンキにさせたな

「勉強させてやる…お前が自分のことを八極拳士の一人だと思っているなら…八極拳士に二の撃はいらない…八極拳士は一撃で相手を倒す …”八極”とは”大爆発”のことだ」

「じゃあ俺も教えておいてやる。 おまえに欠けている…… 足りないものだ…
何かわかるか?〝安いプライド〟だ。俺はコイツにしがみついている。ピンとこないか? どんな人間でも〝安いプライド〟があれば〝戦える〟んだ。何とだって!おまえとだって!!」

「記録に挑戦するか?俺の打を実際三度受けきったやつは いねえ 」

「己の一撃への信頼は揺るがない」

「会心だったがな…タフさではかなわんよ…おまえだけは“VIP待遇”だ…特別だ…」

「俺の最大の勁の一撃だ・・・触れた瞬間に意識は頭から飛び出してる」

「体が動かん…俺よりでかい“頸”をぶち込まれた…声がでないか…久しぶりに謙虚な気持ちになれた…立ちあがれたから…“謙虚な気持ち”は…また今度だ…」

DFPアドタグ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする