かくしごと

かくしごと

あらすじ(wikipedia)
かつて、『きんたましまし』というちょっと下品なマンガがヒットしたこともあるベテランマンガ家後藤可久士は一人娘の姫にぞっこん。父親が下品なマンガの作者だと知られると周囲からいじめられるのではないかと心配し、姫にはマンガ家であることを隠し、目黒区の自宅からスーツ姿で出勤すると途中でシャツと短パンという仕事着に着替えて渋谷区の仕事場へと向かうのだった。
姫の友達が「姫ちゃんのパパのお仕事はなにをしているのか?」と聞いてきたり、姫のいる自宅に可久士の描いたマンガ絵のプリントされたTシャツを着た編集部の担当者が訪問してきたりと、可久士の隠し事がバレそうになり、娘への愛が募って可久士は暴走してしまう。よき父親であろうと周囲の女性たちに協力を仰ぎ、習い事を始めたりするが、その度に騒動を巻き起こしたり、気があると勘違いされ、既成事実が出来上がっていく。

描く仕事を隠し事しているんですね。

DFPアドタグ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする