夢想体現遊戯 ユメウツツ

季節もめっきり秋めき、気付けば2015年も残り3ヶ月を切りまして、
年内にやり残したことがあるのかと聞かれればそれはもう丸々と残っており、
目下着手しなければいけない仕事や私事も
「明日および締め切り直前の自分がなんとかするであろう」
という未来の自分への過度な期待により、未だ手つかずです。皆様いかがお過ごしでしょうか。

そんな現実逃避を兼ねながらこの記事を書いている私オカピがオススメする一冊がコチラ。

夢想体現遊戯 ユメウツツ 太田 亮 著

61d1ueDGI1L._SX352_BO1,204,203,200_

夢想体現遊戯 ユメウツツのあらすじ(ネタバレ有)

容姿と性格に著しく欠陥を抱えた4人は
社会不適合者予備軍高校生。

偶然始めたTVゲーム『夢現~ユメウツツ~』によって、
それぞれ「予知能力」「怪力」「魅力」「俊敏性」を手に入れる。

ゲームの目的は“イベントポイント”を集めること。
3か月間、“何らかの達成”を得ることで、
真っ先に100ポイント集めた勝者1人には
ゲームの能力を現実に引き継げるという特典が得られる。

『冴えない少年たちが得た一時的な万能感』と、
『自分の人生を変えれるチャンス』は、
今後、彼らに何を与えて、何を奪うのか…。

夢想体現遊戯 ユメウツツの登場人物

顎戸狩 良太(とがちゃん)

chara_1
ナルシストでプライドが高く、特徴的なアゴの持ち主。知恵の数値を高く設定したため、未来のイベントを予知する能力を手に入れた。
スタミナ:3 技術:4
パワー:2 知恵:15
スピード:6 魅力:0

松坂 牛一 (まっつん)

chara_2
根暗で肥満体型。能力値をすべてスピードに費やした。ゲームで勝つことに 執着しており、策略をめぐらす。
スタミナ:0 技術:0
パワー:0 知恵:0
スピード:30 魅力:0

顔面 小杉 (すぎ)

chara_3
熱血で正義感が強いため周囲からはうざがられてる。パワー、スタミナ、技術などの能力が高い。ゲームに対して愚直に取り組む。
スタミナ:8 技術:10
パワー:10 知恵:0
スピード:2 魅力:0

猪口 まかお (ちょめ)

chara_4
八方美人でいつもおどおどしている。魅力の数値が高く、男女問わず交友関係が 広がりたちまちクラスの中心になっていく。

スタミナ:3 技術:3
パワー:3 知恵:3
スピード:3 魅力:15

夢想体現遊戯 ユメウツツの感想・レビュー

マンガを買う金が無い、と嘆く貧乏性の有象無象たち。驚くなかれ。このマンガはなんと、Web上で無料で読めます。

下記リンクからどうぞ。
キャプチャ

昨今、いかがわしい画像で扇情しつつ

「○○ページまで無料!」とか

「この続きは有料会員登録後に!」という謳い文句のいかがわしいWeb漫画サイトの広告(※1)をよく見ますが、

そういうたぐいのものではなく、本当に無料です。フリーミアムモデル(笑)です(笑)

参考:いかがわしいWeb漫画サイトの広告(※1)

20150226_171996

さて本題の感想に戻りましょう。

この漫画の登場人物たちは、周りに馴染めず、社会的立場も弱く、欠点ばかりが目立つ4人組です。

キャプチャ4

完全に私事になりますが、

クラス内カーストの最下層に位置して恵まれない学園生活を送りながら、

家に帰っては同じような境遇のネット仲間たちとゲームをして毎日過ごしていた身としては

彼らの境遇や考え方には共感する部分が多く、上記のコマだけで辛い日々を思い出してしまい涙腺が崩壊しそうです。

そんな彼らに訪れたチャンス。

「ゲーム内のパラメータを自分の能力として換算できる」という千載一遇の機会。

ある人物は魅力にパラメータを振り切りモテモテ、

ある人物はスピードにパラメータを振って人外の速度を手に入れ、

お互い邪魔し合い・協力し合いイベントをこなして行きます。

Web漫画と思って侮るなかれ、

コマ割りや展開、読みやすさ・ワクワク感はWeb漫画の中でも相当高レベルです。

絵に関しては商業的なレベルに達しているとは言えませんが、

進撃の巨人とかも後ろ姿全員同じですし、ハンターハンターもアレ載せていいの?みたいなの載せてるので

「商業的」なんてものはまあクソの役にも立たんもので面白ければ漫画はそれでいいんだと思いますきっと。

もし自分がこの設定の世界に入り込んだら、どのパラメータに振ろうかな~と考えながら読むのもおすすめです。

ちなみに最終更新日は2014年1月。作者が更新を放棄していることにより永遠の未完作品となっています。
作者の存在がユメウツツだったとか、まあそんなオチで。よろしくお願いします。

DFPアドタグ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする